読んで損ナシ!
注目リスト

  • 自己分析をしてみる 自己分析をしてみる 「仕事行きたくない!」その声を無視しないでください。嫌な仕事を続けて身も心も壊してしまっては、元も子もありません。仕事探しの第一ステップは自己分析。自身の本心を覗いて、内なる望みを明らかにしましょう!
  • 仕事のやりがい 仕事のやりがい 仕事に”やりがい”を感じているか否かで、人の幸福度には雲泥の差が。
    やりがいを感じるための唯一の解決策は、自分の心を見つめ直すこと。やりがいの種がたくさん転がっていることに気付くために必要な大切なこととは?
  • 転職を考える 転職を考える 転職を考える際に必ず通る道といえば、求人媒体選び。自身に合った媒体を選び上手に活用することが、望む仕事に就くための重要なカギです。幅広い転職ツールに関わる下調べをしっかりと行い、転職活動に挑みましょう!

介護業界の転職

介護の仕事を探す方法

介護業界での転職を目指す人は、まず求人媒体の特徴を知ることから始めるといいと思いますので、代表的な求人媒体を挙げて特徴を見ていきましょう。まず思い浮かぶのが「ハローワーク」こと公共職業安定所です。地域ごとに設置されているので地元に密着した独自の求人情報を持っています。公共機関が運営しているので、信頼性も高く安心して求人情報を得ることができると思います。ハローワークに登録している介護事業所はとても多いので、介護職の転職に利用するのにも向いています。そして「求人サイト」があげられます。インターネットならではの莫大な求人情報が掲載されています。そして常に新しい情報に更新され続けていくので、現在進行形で仕事探しができるのが魅力です。また求人サイトに自分の希望の転職先などを登録しておくと、メールなどでお知らせしれくれるサービスもあります。そして「求人情報誌」で求人情報を得る人も多いと思います。エリアに絞った地域密着な求人情報を得られることが最大の魅力です。ただし、掲載されてから時間が経ったものは求人が締め切られている場合があるので注意が必要です。

募集要項を見て注意すべき事

求人媒体を選んだら、実際に募集要項を見る時に本当に自分が転職したい求人なのかどうかを見極める必要があります。募集職種や雇用形態や仕事内容などの基本情報を見て、実際にどんな職場で、自分はどのように働くことになるかを想像してみましょう。求人先の応募資格を満たしているか、試用期間があるのかどうかなどもチェックしておきましょう。正社員として働きたい人は、いきなり正社員として雇用してくれるのか、最初は派遣で使用されるけれど、後々正社員になれるのかなどは、きちんとチェックしておきたいところです。また自分の希望の勤務時間で働けるかどうかもとても重要なポイントです。電車で通勤することを前提に求人をしている人は、駅から職場が近いのか、遠い場合はバスを利用できるかなども調べておくといいと思います。

介護業界の転職サイト「カイゴジョブ」を利用する

募集要項を見て、自分の希望する職場を見極める方法を見ていきましたが、実はかなり難しい作業であることがわかります。不明な点をいちいち調べていたら時間がいくらあっても足りません。そこでまずは求人サイトを利用することをおすすめします。求人サイトは求人情報誌などに比べて情報量が多いですし、ハローワークよりも気軽に利用できるからです。 例えば、「カイゴジョブ」という求人サイトがあります。カイゴジョブは全国のエリアをカバーしているのでどこに住んでいる人でも利用が可能です。そして介護業界に特化した専用サイトなので、いろいろな求人を扱うサイトよりも介護業界の情報量が多く充実しています。募集要項も見やすく、検索をかけて自分が希望する職場を探すこともできますので、狙い通りの職場を探すことができるはずです。電話で問い合わせることもできますので、不明な点は気軽に問い合わせるとよいでしょう。

カイゴジョブ詳細介護の求人情報はこちら