読んで損ナシ!
注目リスト

  • 自己分析をしてみる 自己分析をしてみる 「仕事行きたくない!」その声を無視しないでください。嫌な仕事を続けて身も心も壊してしまっては、元も子もありません。仕事探しの第一ステップは自己分析。自身の本心を覗いて、内なる望みを明らかにしましょう!
  • 仕事のやりがい 仕事のやりがい 仕事に”やりがい”を感じているか否かで、人の幸福度には雲泥の差が。
    やりがいを感じるための唯一の解決策は、自分の心を見つめ直すこと。やりがいの種がたくさん転がっていることに気付くために必要な大切なこととは?
  • 転職を考える 転職を考える 転職を考える際に必ず通る道といえば、求人媒体選び。自身に合った媒体を選び上手に活用することが、望む仕事に就くための重要なカギです。幅広い転職ツールに関わる下調べをしっかりと行い、転職活動に挑みましょう!

視野を広げる

他人の過去話を聞いてみる

自分のやりたいことを探る上で、ぜひ実践してほしいのが他人の過去話を聞くこと!
人は誰しも目の前の世界を、自分特有の思考フィルターを通して見ています。個人差はありますが、一個人の思考というものは基本的にどこか偏っています。なぜかというと、家族構成や生い立ち・教育による価値観の植え付けやマスコミの情報といった周囲の環境がその人の思考パターンを形作っているからです。そんな偏った状態のままで「自分の望んでいることはこれだ!」と決め付けてしまっては後々「こんなはずでは・・・」と悔やんでしまうはめになりかねません。正しい情報を選択して見極めるためには価値観の視野を広げることが大切。他人の生い立ちや苦労話を積極的に聞いて、違う考え方を吸収しましょう!今まで見えなかった新しい自分を発見できるかもしれませんよ♪

なにか新しいことを始めてみる

考え方の視野を広げるもう一つの手段に、新しいことを始める方法があります。
職場⇔家という決まりきった生活パターンを続けていては自分自身、周りの世界に変化がない面白みのない毎日になるかもしれません。変化を求めるなら、習い事・ランニング・早起きといった新習慣を始めて凝り固まった思考パターンを変えていきましょう。新しい習慣をもつことは考え方の変容だけでなく実生活においてもプラスです!新しい習慣を生活に盛り込むことで仕事だけに囚われないようになります。すると、仕事の能率が上がって働きやすくなる状況もおのずと付いてきます。また、習い事で出会う人たちとのコミュニケーションでいろんな考え方を学べるうれしい側面も!人生をフルに楽しみたいなら、まず自分の思考と行動のキャパシティを広げましょう。

人から「仕事を紹介したい」と思われるように自分磨きをする

自分にピッタリな仕事はどこに転がっているかわかりません。仕事探しはお見合いのようなもの。良い仕事とのご縁は掴んだもの勝ちです!あなたが「いいな」と感じた仕事は大抵、多くの人が「いいな」と思っているものです。小さなチャンスを見落としていては、あっという間に誰かに取られてしまいます。
やりたい仕事探しを行う上で、チャンスをたぐり寄せる重要なカギは人の力を借りること。本当に信頼できる相手に「自分の要望にマッチした仕事がないか」を聞いて、広くリサーチしておきましょう。ここで忘れてはいけないのが自分磨き!もし、相談した相手の周りに良い仕事の案件があったとしても「ぜひ紹介したいな!」と思われるようなポジションにいないと意味がありません。
日頃からやりたい仕事の勉強を熱心に行ったり、マナー・気遣いといった基礎的な部分を強化するなどして、誰もが「紹介したい」と思えるような人になりましょう。