読んで損ナシ!
注目リスト

  • 自己分析をしてみる 自己分析をしてみる 「仕事行きたくない!」その声を無視しないでください。嫌な仕事を続けて身も心も壊してしまっては、元も子もありません。仕事探しの第一ステップは自己分析。自身の本心を覗いて、内なる望みを明らかにしましょう!
  • 仕事のやりがい 仕事のやりがい 仕事に”やりがい”を感じているか否かで、人の幸福度には雲泥の差が。
    やりがいを感じるための唯一の解決策は、自分の心を見つめ直すこと。やりがいの種がたくさん転がっていることに気付くために必要な大切なこととは?
  • 転職を考える 転職を考える 転職を考える際に必ず通る道といえば、求人媒体選び。自身に合った媒体を選び上手に活用することが、望む仕事に就くための重要なカギです。幅広い転職ツールに関わる下調べをしっかりと行い、転職活動に挑みましょう!

過去の判断基準を振り返る

今までの職歴を振り返ってみよう

「転職したいけどやりたい職業がすぐに思い浮かばない・・・」そんなあなたはまず職歴を振り返ってみましょう。過去の仕事内容から少しでも楽しいと思ったこと、やりがいを感じたことは何ですか?
「お客さんに感謝された」「上司に褒められた」「無心になれる単純作業が楽しかった」などどんな些細なことでも構いません。思い浮かんだら、これらを見やすく紙にまとめて「人とのやりとりで喜べる仕事」「余計なことを考えなくていい仕事」とそれぞれ特徴からみえてくる仕事像を浮かび上がらせましょう!浮き彫りになった仕事像から共通点を探して総合的にマッチする仕事をリサーチすれば、大分自分に適した職業が絞られますよ!
「どうしても思い浮かばない・・・」という方は、ネット上に溢れている無料適職診断を参考にしてみてもいいかもしれません!

どういった理由で過去の仕事を選んだか、辞めたか。

「自分の新たな可能性を試したい!」「嫌々な仕事人生から卒業するぞ!」
理想の未来を強く心に思い描くことはステキなことだと思います。ただ1つ気をつけてほしいのが

sub2-1-1

この「やりたい仕事探しループ」の落とし穴にはまり込まないこと。どんな仕事にも嫌な側面はあります。ただそれに対し、やりがいある楽しい側面も必ず存在します。どんな職種でも、深く関わってみてはじめて仕事の価値がみえてきます。「嫌!もう辞める!」と感じた場合に、すぐにやりたい仕事探しへ突入するのではなく、長年勤めている方に話を聞いてみるなどして少し立ち止まってみてください。
同じ失敗を繰り返さないポイントは「今までの仕事を選んだ理由・辞めた理由」をハッキリさせておくこと。仕事に求めることや自分の許容範囲を把握しておきましょう。

就職する上で何を重視するか考える

嫌になったらすぐやめる」を防ぐいい方法は、就職する上で重視する条件の優先順位を明らかにすることです。
1位 休日が充実していること 2位 月収○円以上 3位 いざこざのない円満な人間関係・・・
など働く上でゆずれないことをランク付けしてみてください。そして「ここまでの条件を満たしている職場ならば自分は続けられる!」という自身のボーダーラインを追求しましょう。
上記の調査結果から、必要以上に求めすぎていないか、今の仕事に就いている目的を見失っていないかを改めてチェックしてみてくださいね。

sub2-1-2

【一例】1番多く天秤にかけられているのは、時間とお金です。正社員の方で、働く時間=給料にはならないと感じたことはありませんか?仕事だけではなく自分の時間もとれる、なおかつ貰えるお金のバランスがいいのが理想。