仕事を楽しむための転職 - TOP

読んで損ナシ!
注目リスト

  • 自己分析をしてみる 自己分析をしてみる 「仕事行きたくない!」その声を無視しないでください。嫌な仕事を続けて身も心も壊してしまっては、元も子もありません。仕事探しの第一ステップは自己分析。自身の本心を覗いて、内なる望みを明らかにしましょう!
  • 仕事のやりがい 仕事のやりがい 仕事に”やりがい”を感じているか否かで、人の幸福度には雲泥の差が。
    やりがいを感じるための唯一の解決策は、自分の心を見つめ直すこと。やりがいの種がたくさん転がっていることに気付くために必要な大切なこととは?
  • 転職を考える 転職を考える 転職を考える際に必ず通る道といえば、求人媒体選び。自身に合った媒体を選び上手に活用することが、望む仕事に就くための重要なカギです。幅広い転職ツールに関わる下調べをしっかりと行い、転職活動に挑みましょう!
in-theme-title

自分の為に、自分らしく働こう!

「転職したい気持ちはあるのにやりたいことが漠然としている」こんなあやふやな状況、1秒でも早く抜け出したいですよね!
このサイトでは”やりたい仕事”を見つけるノウハウを一挙公開しています。自身に適した情報をゲットして、自分らしく働きませんか?

「仕事を楽しむための転職」について

「仕事を楽しむための転職」について

「やりたい仕事がある人は幸せだ」とか、「やりたい仕事をしている人は幸せだ」という台詞を耳にすること、ありますよね。やりたい仕事がある人、やりたい仕事をしている人は、仕事を楽しめているから幸せだということです。これを裏返すと、仕事とはつらいものだというのがデフォルトのイメージということになりませんか?でも、本当に仕事ってそんなにつらくあるべきなのでしょうか。1日のうち起きている時間の半分以上は仕事をしていると考えると、1日の中でも、人生の中でも仕事にはとても長い時間を費やしていることになります。それなら、その時間を楽しめれば人生は何倍も充実するはずです。 「仕事を楽しむための転職」についての詳細を見る

本当にやりたいことを掘り起こす

本当にやりたいことを掘り起こす

「生活のため」「老後の安心のため」私たちは日々、生きる手段としてどこかでせっせと働いています。
仕事から疲れて帰ってくると家で考えるのは仕事の愚痴ばかり。待ちに待った休日がきてもストレスが溜まっていて遊ぶ気力もない・・・。そんな毎日にうんざりしているあなた、このまま「仕事=生きる手段」で終わらせてしまっていいですか?
厳しい就職難の今、「働ける場所があるだけマシだ」という考えが出てくるのは当然の結果かもしれません。でも常に仕事のストレスに晒されていては、本当に生きているのか死んでいるのかよくわからないような生活になってしまいます。
「自分らしく生きたい!」そんな声が聞こえたときが転職のサイン。リスクを負うのが怖くて”やりたいこと”から逃げてしまう、そんな自分を打ち破って、笑顔が絶えないステキな未来を作りましょう♪ 本当にやりたいことを掘り起こすの詳細を見る

やりたい仕事を探すには

やりたい仕事を探すには

毎日仕事に追われていれば、好きなことをする時間はほとんど確保できませんよね。
本来の自分から長い間離れていると、物事に対して感じる情熱やワクワク感が薄れてしまいます。「転職したい」と思っていてもなかなか動けない人が多いのには、実はこういった理由も含まれているようです。
本来の自分に戻るための唯一の解決策は、もう一度しっかり自分に向き合うこと。やりたい仕事探しをする際に押さえておきたい自分探しのポイントを、一緒に見ていきましょう♪ やりたい仕事を探すにはの詳細を見る

転職のススメ

転職のススメ

転職活動なんてそう頻繁に行うことではないので、「いざ転職!」と思ってもどこから手をつけていいのかよくわからないですよね。転職するにあたって「世の中にはどんな職種があるのか?」「どんなスキルが求められるのか?」などと、はじめは”?”ばかりだと思います。そんな人たちのために、転職に関するお役立ち情報をたっぷり詰め込みました!あなたの転職活動を少しでも後押しできたら幸いです。 転職のススメの詳細を見る

職種別での転職サイトを活用する

職種別での転職サイトを活用する

やりたい仕事につくための転職活動をスタートする際、求人探しはインターネットの転職サイトを活用する方も多いと思います。インターネットならちょっとした空き時間にもチェックできたり、希望条件で検索抽出することもできて便利ですよね。転職サイトにも大手のものから地域密着型まで色々な種類のものがあるのをご存知でしょうか?いつも同じ転職サイトを利用しているという方は、違う転職サイトものぞいてみることをおすすめします。特に業種や職種が決まっている方は、職種別の転職サイトを活用してみてください。例としていくつか具体的にご紹介します。 職種別での転職サイトを活用するの詳細を見る